あまり聞いたことがない

眼瞼下垂という言葉を聞いたことはありますか?おそらく耳にしたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。
眼瞼下垂とはまぶたを上げる筋肉がゆるむことでまぶたが下がってしまい、眼が開きにくくなる状態のことをいいます。
あなたのまぶたは大丈夫ですか?眼瞼下垂には先天性のもの、後天性のものがあり、その原因やかかる年齢もさまざまです。
症状も人によりさまざまで、視野が狭まり目が見えにくくなる人、弱視になり日常生活に支障をきたす人、肩こりや頭痛を引き起こす人、左右が不対象となり見た目が不自然になる人などがいます。
眼瞼下垂手術のほとんどが切って治療するものです。
しかし、切らない手術法もあります。
切らない手術法はまだあまり普及していませんが、最近注目を集めている手術の1つです。
切らない手術法は比較的若い世代の人でまぶたの上のたるみが少なく、症状が軽い人に適した手術法といえるでしょう。
まぶたのたるみ、まぶたの上のくぼみ、顔を上げてものを見るしぐさ。
眼瞼下垂の人に見られるこれらの症状や行動は老けて見られる原因の一つです。
また、加齢による眼瞼下垂は視界が狭まり周りがよく見えないためにお年寄りのケガのもとにもなります。
眼瞼下垂が気になったら早めに医師に相談してみるといいでしょう。




RSS関連リンク


吐き気・嘔吐をともなう病気


、イライラ、浮腫が起こる。
その後、頭の片側がズキンズキンとする拍動性頭痛、吐き気や嘔吐、目の動きが悪くなる、複視、眼瞼下垂(上まぶたが下がる)、倦怠感、頚肩部の張り。
◇急性胆のう炎 発作的なみぞおち・右上腹部痛、寒気・ふるえ、吐き気、発熱、



術後53日目


右目です。
今日は仕事前にこれから形成外科に行って目を見て来て貰います!詳細は後ほど… 左目です。
こっちは特に問題も無いですが二重の幅があんまり気に入って無いので 下垂だった場合眼瞼下垂手術と一緒にこっちの二重の幅も


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。