眼瞼下垂になると

まぶたが重く、垂れ下がっていませんか?それはまぶたを上げる筋肉がゆるむことで起こるまぶたの垂れ下がりで眼瞼下垂といわれています。
眼瞼下垂になると視界が狭まるため、顔を上げて見なくてはならなくなります。
眼瞼下垂かなと思われたら、まずは病院やクリニックに行ってみるといいでしょう。
眼瞼下垂になると上まぶたが垂れ下がり視野が狭くなるため、いつも眠そうに見えてしまいます。
また、眼を開けるために眉を上げたり、おでこに力が入ることでおでこに深いシワができてしまいます。
さらに、眉やおでこの筋肉にいつも力を入れていることで、偏頭痛、肩こり、めまいなどの原因ともなります。
眼瞼下垂手術のほとんどが切って治療するものです。
しかし、切らない手術法もあります。
切らない手術法はまだあまり普及していませんが、最近注目を集めている手術の1つです。
切らない手術法は比較的若い世代の人でまぶたの上のたるみが少なく、症状が軽い人に適した手術法といえるでしょう。
眼瞼下垂のせいで、周りが見えにくい。
また、まぶたが重いせいで、偏頭痛や肩こりになってしまい辛い。
そんな悩みを抱えているのなら、まずは病院やクリニックを訪れて医師に相談してみてはいかがですか?あなたのまぶたがスッキリしたら、きっと毎日がもっと楽しくなるはずです。




RSS関連リンク


豊胸手術症例写真


.html 東京美容外科 山口院 コメント:皮膚科・美容・形成外科専門のドクターが責任を持ってプチ整形・脱毛・豊胸・二重まぶた・眼瞼下垂・脂肪吸引・多汗症等のカウンセリング治療!住所:〒683-0812 下関市竹崎町4-4-8 シーモール下関3F TEL:0120-658



健康保険の適用について


にかかわりはなく、乳がんの腫瘍除去の後のインプラントの挿入、交通事故によってできた瘢痕の形成手術などにおいても(拘縮を認めない)、原則として健康保険は適用されない。
例外として、機能障害(例えば、眼瞼下垂)がある場合には、健康保険が適用される


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。